ニコンD7200 井の頭自然文化園 リスに会いに行ってきました

ポカポカ陽気になり、だいぶサクラの花も散り始め、葉ザクラになってきてしまいましたね。

今回は、ずっと行ってみたいと思っていた、井の頭自然文化園へ行ってきました。

 

目的はリスに会うこと。

 

 

東京都井の頭自然文化園はいわゆる井の頭公園の一部のことで、動物園と水性物園に分かれてあります。井の頭公園は中央線の吉祥寺の駅をマルイのほうに出て、道沿いに歩いて10分くらいのところにあります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

井の頭自然文化園にいるリスたちは「リスの小径」というエリアに住んでおり、エリア全体が「檻」で囲われていて、その中で放し飼いにされています。すばしっこく、そして人なつっこいリス達なんですよ。私の肩やバッグの上、そして持って行ったカメラの上まで乗ってきます。時間を忘れさせてくれる癒やしの場所です。

 

 

私は午前9時半の開園のタイミングで入場しましたが、10時を過ぎたころにはリスの小径には多くのカメラマンが集まっていましたよ。

 

 

 

さて、今回はニコンD7200に55-300mmの望遠ズームレンズを使用しての撮影です。

 

 

動き回る動物を撮影するにはある程度シャッター速度を上げて撮影する必要がありますが、今回も私は絞り優先オート。ISO感度自動制御をオンにし、制御上限感度を6400に設定しました。私はいつも通り、AF-Sで撮影しましたが、AFモードはAF-C d51かAF-C 3dにすると、シャッターが切りやすくなるかと思います。今回はF値を解放で撮っているため、背景がボケています。

 

 

 

まずは一枚。カリカリ音をたてながら食べていましたよ。

↓↓↓

背景がキレイにボケて、リスが浮き立ちますね。

 

 

 

いくつもリスのお部屋が木にぶら下がっています。出たり入ったりの繰り返しです。

↓↓↓

 

 

 

 

リス小屋にはいったい何匹入っているのでしょうか?

↓↓↓

 

 

 

 

切り株の上にサクラが置いてありました。一生懸命木の枝を持って食べてる仕草がかわいいですよね。

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラを持った方のお目当てはサクラを食べるリス。この切り株の周りには多くのカメラマンが集結していました。

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフの方の話によれば、11時ころが一番いい時間帯なのだとか。リスの活動量とか日の差し方とか、そういうことなんでしょうか?

 

ほかにも小動物とふれあえる場所がありますので、親子連れで楽しむことが出ますね。

 

 

上野動物園などと比べると、動物が近く、撮影もしやすかったですね。これからの新緑の時期や秋の紅葉の時期もよさそうですね。また、カメラを持って、撮影に行ってみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

サクラと五色桜大橋を撮影してみました

再び、五色桜大橋を撮影してきました。

 

過去の五色桜大橋記事

 

 

 

五色桜大橋は首都高速中央環状線が荒川に架かる橋。山手線の田端駅から荒川土手行きのバスに乗り、終点の荒川土手で下りると、そこは荒川土手の下です。バス停のところにちょうど階段があるので、階段を登り、荒川土手の上に出ると、桜の木が植えてあります。そして、その先には五色桜大橋。

 

夕方6時ころ荒川土手に到着しましたが、すでにカメラを構えてる方々がいました。

私もさっそく仲間にいれてもらい撮影させてもらいました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

今回はニコンD850にタムロンのSP24-70mm F/2.8 Di VC USD G2というレンズと、シグマの14mm F1.8 DG HSMという2本レンズを使い、夕暮れから夜にかけての五色桜大橋を撮影してみました。

 

 

まずはタムロンで一枚。ホワイトバランスは日陰モードにしました。

↓↓↓

 

ニコンのD850はISOが64から使えるので、ISOは64とし、F値は8、シャッタースピードは露出計でプラスマイナスゼロか若干マイナス目で撮影しました。マニュアルモード、マニュアルフォーカス、手ぶれ補正オフです。

 

 

 

辺りが徐々に暗くなるにつけ、サクラがいいかんじに写ります。

 

 

 

 

あたりが完全に暗くなったので、シグマの14mm単焦点レンズに切り替え、ホワイトバランスもオートに戻し、再チャレンジです。

 

 

焦点距離が14mmはだいぶ広いですね。

 

 

ちなみにシグマの14mm F1.8 DG HSMはズームのできない単焦点レンズで、フォーカスもマニュアルしかありません。ピントは街路灯とかに合わせてライブビューでズームしていくとわかりやすいと思いますが、肉眼派の方はご自身の感覚を信じて、何枚か撮ってみるといいと思います。

 

 

 

好みの問題かと思いますが、シグマのレンズのほうがハッキリ撮れる気がします↓↓↓

 

 

 

江北橋と五色桜大橋を一緒に入れて撮影してみました。

↓↓↓

五色桜大橋と江北橋の間の距離はおよそ150m。なんとかひとつのフレームに入りました。

 

 

 

再度、シグマからタムロンにレンズ交換をして江北ジャンクションを撮影してみました。

↓↓↓

やはり、光芒の出方が違いますね。タムロンのレンズのほうが柔らかいかんじです。

 

 

 

 

 

撮影して思ったことは、魚眼レンズがあっても面白く撮影できたかな?ということを前回の撮影のときにも思っていたのですが、魚眼レンズは持っていかず、今回も空振りでした。

 

 

そして、やはり川沿いということで、少し寒さをかんじましたね。前回は真冬の夜の撮影で、とても寒い思いをしましたが、考えてみると、夏場の「足立の花火」のときなども夜風が冷たく寒さをかんじたので、撮影に行かれる際は、一枚はおるものをお持ちください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

【ニコンD7200】上野恩賜公園 さくら満開

東京では、例年より早い桜の開花宣言が出ましたね。

3月24日には桜が満開ということで、カメラを片手にもって上野恩賜公園までさっそく撮影にいってきました。

とても天気がよく、たくさんの方がお花見を楽しんでいらっしゃいました。見物客や撮影されている方の邪魔にならぬように構図なども考えて撮影してみましたが、これがけっこう難しかったです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

さて今回は、ニコンD7200に55-300mmの望遠ズームレンズ使用しての撮影です。望遠レンズは被写体の一部を切り取るだけでなく、被写体の前後をボカして撮ることもできます。

カメラの設定は絞り優先オートで大丈夫です。前後をしっかり合わせたいのであれば、F値を大きく、ボカしたいのであればF値を小さくするだけでOKです。私の場合、ふつうに撮るときはF8くらい、ボカすときは解放といったかんじで撮影しています。絞りをあまり絞りすぎると、回折現象といってピントがボケたかんじの写真になるそうですので、絞りすぎには注意しています。どうしても減光したいときは、番号の小さなNDフィルターを使うとよさそうですね。

 

 

 

動物園前交番のあたりから五條天神社の方向を向いて撮影しました。お花見中継では必ずといっていいほど出てくる、お花見スポットですね。満開でとてもキレイでした。

↓↓↓

 

 

 

 

上野東照宮の鳥居。

↓↓↓

屋台が多く店を連ね、ものすごいひとの数でした。

 

 

 

これくらいよると花弁やおしべがハッキリわかります。淡いピンクがキレイですね。

↓↓↓

 

 

 

 

F値を解放にして背景をボカしています。

↓↓↓

 

 

 

 

鳥さんたちも、暖かく気持ちよさそうにしてましたねー。

 

 

 

 

ヒヨドリでしょうか?桜の蜜を吸っていました。

 

 

 

 

 

みなさまも、よければ満開の上野恩賜公園のお花見を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

今週天気がよければ、千鳥ヶ淵で夜桜を撮影をしたいですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク