横浜夜景撮影に挑戦

久しぶりに横浜へ行ってきました。

横浜といってもMM21のあたり。 目的は夜景の撮影ですね。

 

 

京浜東北線で桜木町まで出て、そこから景色を楽しみながら撮影によさそうな場所を探しながら歩きました。 観覧車を背にして波止場のある象の鼻パークまで歩いて行くと、だいぶよさそうな雰囲気。

 

ということで、とりあえず、撮影してみました。 こんな感じに撮れました↓↓↓ 20161022-DSC_8243.jpg

 

 

20161022-DSC_8214.jpg

 

この写真、ニコンのD5300と標準ズームレンズで撮影しました。 D5300ダブルズームキットです。

今回はこのキットレンズの短いほうのレンズを使用してみました。

 

 

 

設定方法

1.カメラをマニュアルモードに

2.レンズもマニュアルフォーカス、手ぶれ補正をオフに

3.ISO感度を100に

4.F値を8に

5.露出計を見て、インジケーターが±0になるようにシャッタスピードを決める あとは撮るだけです。

 

 

夜景が明るいので、オートフォーカスでも、まずまずピントが合いますので、オートフォーカスでピントを合わせて、合わせたあとにマニュアルフォーカス、手ぶれ補正オフにするとピントを合わせる手間が省けますね。

シャッタースピードは数秒から数十秒になるので、三脚は必須です。

私は、マンフロットのBefreeカーボンファイバーを使用しています 軽くて携行に便利なので重宝していますよ。

 カーボンの三脚は振動にも強いため、写真がブレにくく、長時間露光には最適です。値段が高いのがネックですが・・・。

 

大桟橋まで行くと、赤レンガ倉庫がキレイに見えます。

駅から歩くとちょっと遠いですが、行く甲斐ありですよ。ちなみにJRの最寄り駅は関内になるのでしょうか?私は、桜木町から歩いて行きました。

 

この時期になると、夜はやはり寒いですね。海風が冷たい。日中暑くても、夜になると冷えますので、上着は持っていったほうがいいですね。

 

大桟橋の坂道をあがっていくと、おぉ、MM21地区がよく見えます。 ということで、RAW現像してみました。 現像したのがこちら↓↓↓ 20161022-DSC_8212.jpg

 

 けっこういいかんじに撮れましたよね。

 水面の反射がちょっと気になります。ここはPLフィルターを使うべきなのでしょうか?

使ったことがないのでわかりませんが、乱反射が押さえられそうな気がしています。 デジタルイチガンにはC-PLフィルターというものを使うそうです。

私の使途としては、ガラス越しの展望台や水族館などの撮影になるのでしょうか? いろいろな方のブログやアマゾンの口コミをちょっと確認してみようかなと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です