マンフロットのBefreeカーボンファイバーのご紹介

マンフロット三脚紹介

普段使用している三脚の紹介をさせて頂きたいと思います。

 

 

スリックやベルボンの三脚も持っていますが、一番のお勧めはなんといってもマンフロットのBefreeカーボンファイバーです。

 

軽くて持ち運びに便利ですね。

私は、自転車のカゴに入れたり使用したりもしています。

 

 

・重量1100g   ・素材カーボンファイバー  ・最大耐荷重4kg   ・最低高さ34cm  

・全伸高142cm (センターポールを伸ばさないと123cm)   ・脚段数4

 

こんなにコンパクトなんですよ

↓↓↓

 

 

三脚が小さく収納できるので脚が反転します。

↓↓↓

 

 

一番左が収納するとき、真ん中が三脚を使用するとき、一番右がローアングルです。

使い方によってレバーで選択していきます

↓↓↓

 

 

4段ある脚を伸ばして三脚を使用することができます。

 

 

 

カーボン製の三脚なので値段が高いというところがネックです。

アルミ製のBefreeも売っているんですよ。重さが1.4kg。

カーボン製と比べて300gしか変わらなです。

手に持って比べると、けっこう違います。ここが悩みどころです。

 

 

 

マンフロットのBefreeはコンパクトで軽量というところが、とても魅力ですよね。

旅行先や、公共の交通機関などで持ち歩いても、そんなに苦にならないのではないでしょうか?

 

 

今回はお勧めの三脚の紹介でした。

気になった方は。ぜひ家電量販店などにも展示されているので見ていてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください