スカイツリーとポピー畑 平井運動公園

スカイツリー

インスタグラムを見ていたら、平井運動公園というところでポピーが咲いているとのこと。ステキな構図だったので、私もさっそく行ってみることにしました。

 

 

平井運動公園とかつしかハープ橋

平井運動公園は荒川の河川敷にあることがわかりました。グーグルマップで調べてみると、JR総武線の平井駅から徒歩15分ほどのところに位置しているということで、撮影に行ってみることにしました。私の中で、実は平井にはもう1カ所撮影したいスポットがありまして、それが、荒川を挟んで反対側の土手の上にある首都高速中央環状線のかつしかハープ橋という橋なのですが、こちらは夜景の撮影ということで、今回は場所だけ確認をして、撮影はしませんでした。

参考 葛飾ハープ橋首都高ドライバーズサイト

土手に上がるとハープ橋はすぐに確認することができましたので、そのうち、夜景で撮影に行ってみたいと思います。

 

ポピー畑

江戸川区のホームページによれば5800㎡の敷地の中に18万本のポピーが咲いているとのこと。

参考 「平井運動公園」で18万本のポピーが見ごろ江戸川区ホームページ

インスタグラムを拝見すると、けっこういいかんじに咲いているので、今回はニコンのD7200に18-55mmの標準ズームレンズと55-300mmの望遠ズームレンズをつけて撮影してきました。構図で多いのはスカイツリーとポピー畑とか、電車とポピー畑、夕焼けと一緒に撮っている方もいらっしゃいましたので、夕方から夜にかけての撮影もありなのかもしれませんが、今回は日中に撮影しました。

現場に行ってみると、平井大橋と総武線の高架橋の間にお花畑があり、ベンチもちょっとあったりして、撮影されている方や休憩されいてる方もいらっしゃいました。

ポピー望遠01

 

 

ポピーの撮影方法

ポピーに限らずお花の撮影では、露出をプラスに補正するとほわんとした優しいかんじになります。また、望遠レンズを使うことで、手前や奥をあえてボカして撮影することもできます。特にお花で手前ボケを入れるととても柔らかな優しい印象の写真になったりしますので、オススメの撮影方法です。ぜひ、やってみてください。

根津神社つつじ 根津神社 満開のつつじを撮影してきました

ポピーは茎が長いので、ローポジションハイアングルで撮影すると、空と一緒にポピーのお花を撮ることができます。青空だとさらによかったのですが・・・。ポイントは空の量です。6割くらいが空になるような画角を探すといいと思います。横にもなれるのでレジャーシートが一枚あると便利ですね。

ローポジションハイアングル

設定はいつも通り、絞り優先オートで大丈夫です。先ほど申し上げたとおり、露出を1段くらいプラスにすると、柔らかなかんじの写真になったりします。この日はあいにくの曇り空で、ちょっと風も強く吹いていたのですが、こんなときにはAFエリアモードを3Dトラッキングにするといいですね。AFポイントがずれても、追いかけてくれます。しばらく我慢して、風が収まったタイミングでシャッターを押し込むといいと思います。レリーズモードは高速連写モードにしておくとさらにいいかもしれません。

スカイツリー02

 

ポピー望遠02

 

ホワイトバランス

ニコンのデジタル一眼レフカメラでは色温度のほかに、縦軸にグリーンとマゼンタ(ピンク)、横軸にブルーとアンバー(赤みがかった黄色)の色座標からホワイトバランスの調整をすることもできます。土手が緑なので、グリーンを持ち上げすぎると、緑過ぎちゃったりするので、反対色を持ち上げるとうまく調整ができると思います。RAWで撮影している場合、Lightroomなどで、色温度の調節ができますので、そちらでやられるのもいいかと思います。

ホワイトバランス

 

ポピーボケ

 

まとめ

平井運動公園では秋にはコスモスやススキも楽しむことができ、この初夏にはポピーやアジサイも咲いています。東京スカイツリーも楽しめるほか、先にも述べたとおり、川を挟んだ反対側にはかつしかハープ橋がありますので、平井側の土手の上から望遠ズームレンズを用い、夜の首都高も撮影することができ、大変魅力的です。平井駅から徒歩15分ほどということで、レジャーシートやクーラバッグに飲み物を詰めて、ピクニック感覚で訪れることもできます。土手は夏場でも風が冷たかったりするので、夜の撮影の際は、上着はお持ちになったほうがよろしいかと思います。

 

スカイツリー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください