水滴に映りこんだキレイな花 撮影方法

花の水滴

花びらに雫をのせて、前回撮影しましたが、ちょっと消化しきれない部分があり、今回はヒマワリの花弁に水滴をのせ、水滴に被写体が映り込む写真を撮影しました。

 

 

前回記事はこちら

↓↓↓

花びら水滴写り込み ニコンD7200 花びらに雫をのせて撮影してみました

 

 

 

今回撮影で使用したもの

 

  1. カメラ(ニコンD5300)
  2. マクロレンズ(AF-S DX Micro NIKKOR 40mm)
  3. ストロボ(ニコンSB-700)
  4. 100円均一で売られている注射器(化粧品売場などで売られています)
  5. 水滴につかう水
  6. ヒマワリ2本

 

 

三脚を使用して撮影している方もいらっしゃいますが、私は手持ちで撮影しました。

三脚を使用すると、自由度がなくなりますが、セルフタイマーやレリーズなどを使って、ブレをおさえることができ、もっとキレイな写真が撮影できるかと思います。

 

 

撮影をしていると、なんとなくコツがつかんでくるかと思いますが私が感じたこと

 

  1. お花屋さんで、お花を選ぶ際に花びらが大きく上を向いてるお花。オススメはガーベラのお花です。
  2. 前後に花瓶を2個用意し、手前を低く、ほんの少し高くすると、映り込みやすくなります。
  3. 手前の花に水滴をのせ、撮影する際は、水滴と水平の高さにレンズがあること。

 

もし映り込みが見当たらない場合は、角度をかえてみたり目線を変えてみたりするといいかもしれません。

 

 

設定方法

 

  1. 絞り優先オート、オートフォーカス
  2. ISO感度を100とし、感度自動制御をON、制御上限感度を6400
  3. 絞りはいつもよりちょっと絞り気味で

個人的には少し絞り込んであげたほうがしっかり映り込んでくれるような気がするので好きです。ふだんF8とかで撮っていますが、今回はF13とかF22とかですので、ちょっとというか、けっこう思い切って絞っています。

 

 

ストロボを天井にむけて撮影しました

↓↓↓

 

クリップオンストロボはヘッドの部分の角度を変えることができます。白い天井の場合、天井にバウンスさせ、柔らかい光を被写体に当てることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ストロボを正面に向けて撮影したところ、少し暗く撮影することができました。

↓↓↓

ちょっとアートなかんじになりました。

 

 

最後に、今回使用したお花です。大きく一枚撮影してみました。

↓↓↓

 

 

 

雨上がりでキレイな青空になったら、葉っぱや茎などについている水滴の映り込みも撮影できます。

太陽があたって、水滴にキレイな光芒も!なんてこともありますよ。雨上がりはカメラを持ってのお散歩ていうのも楽しいかもしれませんね。

 

機会があればぜひお試しください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください