【ニコンD5300】上野恩賜公園にてアジサイ撮影

上野恩賜公園にて、アジサイ撮影に挑戦してきました。

土曜日ということで、たくさんの人達が遊びにきていましたよー。

不忍池の西方面に行くとキレイにアジサイが咲いています。

6月中旬から7月の上旬にかけて、たくさんのアジサイが咲きそろいます。

 

スポンサーリンク

 

 

さて、さっそくカメラを出して撮影してみることにしました。

 

今回はNikonD5300に40㎜の単焦点マイクロレンズをつけて、ISOオートをONにし、制御上限感度を6400に設定し、すべて絞り優先オートで撮影撮影しました。40㎜の単焦点レンズですが、このレンズはマクロ撮影もできるレンズなので、花弁を接写して撮ることもできますねー。

Nikonではマクロレンズのことをマイクロレンズと呼んでいます。

このレンズ、ふつうの写真も撮れて、マクロ撮影もできるので、私はとても重宝して使っています。

 

 

まずは最初の一枚です。

ISO100 F2.8

↓↓↓

 

 

 

ISO100 F3.5

↓↓↓

 

 

 

 

 

ISO2000 F22

↓↓↓

 

ISO450 F25

↓↓↓

 

ISO280 F4.5

↓↓↓

 

ISO100 F3.0

↓↓↓

 

ISO100 F3.5

↓↓↓

 

 

 

 

上野恩賜公園の不忍池は、蓮の花でも有名な場所です。

昨日見た限りでは、蕾がポツポツとありました。

 

ISO100 F5.0

↓↓↓

 

 

満開になったら見事なんでしょうねー。

そのときは、またカメラを片手に撮影に行きたいです。

 

絞りはF値という数値で表され、小さくすると、ピントの合う範囲が狭くなります。また、F値を大きくすると手前から奥までピントが合います。このピントの合う範囲を被写界深度といい、絞りをコントロールすることにより、背景までしっかりピントを合わせたり、背景をぼかしてピントの合った被写体を浮きだたせることもできます。

自分の好みもありますが、F値でボケをコントロールするのは楽しいですねー。このあたりは、もうちょっと勉強したいと思います。

 

みなさんも、ぜひぜひ自然がたくさんある上野恩賜公園に足を運んでみてはいががでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です