オリンパスPEN LITE 朝焼けを撮影してみました

オリンパスPEN夕焼け撮影

だいぶ日の出の時間も早くなりましたね。

最近は天気もよく、朝焼けもキレイに見えています。

 

忙しい時間帯などに、ミラーレスカメラを持って歩いてると、バッグの中からすぐ出すことができるのでとても便利ですよね。この景色をカメラにおさめたいというときはコンパクトなミラーレスカメラがオススメです。

私も仕事に行くときに、バッグにいつもOLYMPUSのPEN LITE E-PL7を持ち歩いています。

 

 

今回は手持ち夜景モードで朝焼けを撮影してみました。

撮影場所は、テレビなどで何度か紹介された、スカイツリーがキレイに見える場所。JR田端駅の高台です。

北口の改札口を出て、左側にすぐ階段があるので上がってみると、キレイなスカイツリーを見ることができました。

 

OLYMPUS PEN LITE E-PL7を持ち手持ち夜景モードでスカイツリーと一緒に朝焼けを撮影してみまた。

朝6時頃の朝焼けです。

少し画像が荒れてますね・・・。

↓↓↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

AdobeのLightroomで、RAW現像をしてみました。だいぶ印象が変わりますよね。ホワイトバランスを蛍光灯に変更してみました。

↓↓↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

Lightroomで確認したところ、ISOは12800でした。荒れるはずですね。

 

オートなどでシャッターを押してもぶれてしまいます。OLYMPUS PEN LITEの手持ち夜景モードは、すごいですよね。絶対にぶれてしまうであろう格好しても、それなりに写真がちゃんと写っています。

三脚を使わずに、ここまで撮れるなんて素晴らしいですよね。

 

月はキレイに撮れるかな?と、心配しましたが、キレイな三日月が撮れていますね。

 

設定は、SCNモードにダイヤルをグルグル回して選択、手持ち夜景を選択するだけなんです。

とても簡単ですよね。一回のシャッターで8コマ撮影し、それを一枚の写真に合成してくれます。

三脚禁止されている場所などにも活躍できるミラーレスカメラです。

 

 

SCNモードに夕日モードという設定もありますが、これは使ったことがありません。おそらく三脚が必要かと思われます。赤と黄色を鮮やかに再現してくれるそうです。

 

 

三脚使用で撮影するなら、露出やホワイトバランスを少し変えてあげるだけでもだいぶ違います。

個人的な意見ですが、朝焼けを撮るときは、ホワイトバランスは日陰か蛍光灯がオススメです。露出をプラスにするなら太陽が昇ってくるころがオススメ。露出をマイナスにするときは、太陽がまだ明るいときでも夕暮れぽくなります。

LightroomなどのRAW現像アプリをお持ちでしたら、現像時にホワイトバランスを変えることができるのでいいですね。

この時期の朝焼けは、時間が早いですが、早起きしてでも撮る価値があると思います。これからどんどん朝も早くなるので、けっこう大変かと思いますが、みなさまもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です