【ニコンD7200】夜の歌舞伎座

東京でも春一番が吹きましたねー。夜になってもそんなに寒くもなく、日中ほどの大風でもなく、撮影するにはとてもいい環境でした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

JR有楽町駅から歩いて10分くらいでしょうか?地下鉄の東銀座駅とは合体してます。

夜の歌舞伎座を撮影してみました。夜の歌舞伎座は白の照明でライトアップされており、建物が浮き立つかんじです。

 

2013年に建て直しをして話題になりましたよね。現在の歌舞伎座タワーは5代目の建物なのだそうです。下が劇場、上がオフィスビルになっています。

 

 

今回はNikonD7200に18-55㎜の標準ズームレンズの組み合わせでの撮影です。

標準ズームレンズより、広角レンズを持って行くべきでしたねー。晴海通りの反対側から撮影しましたが、18㎜では長すぎました。横のアングルでいっぱいいっぱいですね。縦のアングルでは中途半端なところで屋根が切れてしまい、入り切りませんでした。

 

 

金曜日の夜ということもあり、ふだんより人がたくさんいましたね。邪魔にならない場所でマンフロットのBefreeカーボンファイバーを立てて撮影してみました。

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

夜景の撮影ですので、三脚は必須です。水平がとれていないのが残念なところです。こういうときは水準器のついたスリーウェイ雲台のほうがいいですねー。

 

 

 

設定方法

①マニュアルモード、マニュアルフォーカス、手ぶれ補正オフ。

②ISO100、F8。

③露出計のインジケーターを見ながら±0になるようにシャッタースピードを決める。

この3ステップで、夜景はOKです。

 

Nikon機の場合、ISO感度自動制御は「しない」にしましょう。「する」にしたままだと、ISO感度を指定してもその感度で撮影することができません。日中の撮影の場合、この機能は非常に重宝するのですが、夜の撮影のときはオフにしましょう。

歌舞伎座くらい明るいところであれば、オートフォーカスでピントが合います。オートフォーカスでピントをとって、その後オートフォーカスをオフにするというのも手ですね。私は実際それで合わせました。

 

数秒の露出で光跡もちゃんと写ります。バスなどの背の高いクルマがたくさんいると、かっこいい光跡になったりします。平日の午後6時半頃の晴海通りなので、ちょっと渋滞気味ですかねー?それでも上の写真のような光跡は出ます。

夜の歌舞伎座もカッコイイですけど、日中の歌舞伎座もいいですよね。今度は広角レンズを持って撮影をしに行きたいですね。

 

みなさんも是非、銀座付近に立ち寄った際は撮影してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください