ニコンD7200  イルミネーション 青の洞窟SHIBUYA

渋谷青い洞窟

平日の夜ということもあり、去年訪れたときよりはだいぶ少なかったですが、それでもここはSHIBUYA。人はやはり多いですね。

 

去年に引き続き、青の洞窟SHIBUYAに行ってきました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

今回はニコンD7200に18-55mmの標準ズームレンズをつけての撮影です。

↓↓↓

 

 

渋谷駅をタワーレコードの方面に降り、渋谷マルイと西武渋谷店のあるT字路のところから青いイルミネーションがはじまっています。このT字路を青いイルミネーションに従ってしばらく歩いて行くと、この青の洞窟の看板が出てきます。左手にはNHK放送センターがあります。NHKホールがあったり、スタジオパークがあったりするところですね。

 

上の写真は人垣が切れたところでうまく撮影できましたが、この看板を入れて撮影している人が多くいらっしゃいますので、三脚を立てて撮影するには注意が必要です。

 

夜景の撮影には三脚が必須アイテムです。レリーズはあると便利なアイテムとなります。

 

 

設定方法

1.マニュアルモード、マニュアルフォーカス、手ぶれ補正オフ
2.ISO100、F11前後
3.露出計を見ながら、インディケーターがプラスマイナスゼロになるようにシャッター速度を決める

 

一面青の世界ですが、被写体は比較的明るいので、オートフォーカスでもフォーカスが合います。オートフォーカスである程度ピントを決めて、その後、レンズのスイッチおよび本体のレバーをマニュアルに直すというのも一つの手かと思います。また、上の写真は露出がプラスマイナスゼロですが、個人的には少し露出オーバー気味の写真も好きです。

 

 

 

 

ケヤキの木のところから斜めに看板を入れて撮影してみました。

↓↓↓

 

 

 

ひとは黒くつぶれて写っています。見にくいかもしれませんが、けっこう多くの方がいらっしゃいました。

↓↓↓

 

 

 

おすすめの撮影スポットは、「青の洞窟SHIBUYA」の看板のうら側。多くの方は、看板を正面から撮影されているので、看板のうら側はほとんどひとがいません。看板に背を向けて、三脚を立て、ゆったり撮影することができます。

↓↓↓

 

 

 

地面に反射するシートのようなものが敷いてあり、一見、川の流れというか、水面にイルミネーションが反射しているように見えました。

↓↓↓

 

 

 

奥まで歩いて行くと、だいぶひとが少なくなり、撮影もしやすくなります。青の洞窟の向こう正面から、歩いてきた方向を撮影してみました。

↓↓↓

 

 

 

青の洞窟SHIBUYAの開催期間は2017年11月22日(水)〜12月31日(日)。

点灯時間は17:00〜22:00ということですが、ホームページによれば、点灯時間が変更になる場合があるとのことと、12月9日(土)と12月17日(日)は点灯時間が変更になる可能性があることが言及されていました。

長さ約800mの青い世界。

 

 

 

ちょっと寒いですが、大変美しい光景ですので、みなさま、渋谷に立ち寄った折には、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です