マジックアワー 湘南国際村で富士山撮影

湘南国際村 マジックアワー

湘南国際村へ行ってきました。

 

ここには、ちょっとした展望広場があります。そこからは、相模湾を一望でき、湘南海岸や富士山も見ることができます。

ドラマのロケ地としても有名らしいですよ。

芝生でのんびりすることができ、あまり人がいないので、ゆっくり撮影することができます。

 

スポンサーリンク

 

さて今回の目的は、富士山を見ながらマジックアワーを撮ることです。

 

マジックアワーとは日の出直前と日没直後に見られる、影がない薄明の状態のことをいいます。空の色がピンクに変わり、撮影にはうってつけの時間帯となります。薄暗いかんじになるので、撮影には三脚が必要となります。水平がわかるので水準器がついてる雲台のほうがいいですね。まあ、基本的にはスリーウェイ雲台になるのでしょうか?

 

この日は残念ながら、スッキリとした天気ではなく、たまに富士山の顔を出してくれるくらいの曇り空でした。

 

 

 

今回はニコンD7200に標準ズームレンズの組み合わせで撮影しました。

 

 

まだマジックアワーになる前だったのでちょっと撮影してみました。

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

設定方法

①絞り優先オート

②F22

③マニュアルフォーカス

④手ぶれ補正オフ

 

ISO感度設定は感度自動制御をONにし、上限ISO感度は6400としました。

 

ナゼ、マニュアルフォーカスかといえば、インターバル撮影をしたからですね。ふつうに撮るのであれば、オートフォーカスで大丈夫です。インターバル撮影をした動画はそのうちアップしたいと思います。

 

 

 

だいぶ日も沈んできたので設定変更をして撮影してみました。

↓↓↓

 

 

 

 

 

設定方法

①マニュアルモード

②マニュアルフォーカス、手ブレ補正オフ

③F8、ISO100

④露出計を見ながらインジケーターが±0になるようにシャッタースピードを決める

 

 

ホワイトバランスもオートで撮影していますが、こんな色になりました。キレイですね。曇り空でしたが、それはそれでけっこういいかんじですね。まさにマジックアワーでした。

 

 

 

レンズプロテクターに大きなゴミがついてしまっており、それが写り込んでしまっているのが残念です。風が強かったので、ホコリを拾ってしまったのかもしれません。カメラバッグには常時、ブロアとレンズペンくらいは入れておいたほうがいいですね。自宅用にワンセット持っていますが、携行用にももうワンセット持っておいたほうがよさそうですね。

 

私がふだん使っている小さいほうのマウスのショルダーバッグだと、ブロアを入れるスペースがないので、大きいほうのトートバッグをふだん使い用に変更したほうがよさそうです。

カバンの話になると長くなるので、別の機会にオススメのカメラバッグを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください