NikonD5300 雪の景色を撮影

旭岳雪景色

北海道の大雪山にある、旭岳へ遊びに行ってきました。

4月の下旬ということなので、雪解けの時期なのかな?と思いきや、ものすごい吹雪で前が見えないほどでした。ホテルの方が言うには5月のゴールデンウィーク明けまで、雪はすごい降りますよとのことでした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

今回お世話になったのはホテルベアモンテ。

ロープウェイ乗り場まで徒歩3分ほど。このロープウェイ乗り場のところに旭川空港からのバスが着きます。バスは片道1000円でした。

 

ロープウェイに乗れば標高1100メートルの旭岳山麓から標高2200メートルの姿見というところまで行くことができますが、雪が降っていたので、今回は断念しました。

 

ロープウェイ乗り場にはスキーヤーの方や登山者の方もいらっしゃいましたねー。ロープウェイ乗り場には食堂もあり、とりあえず、ここでランチを取りました。

 

 

今回はNikonD5300に標準ズームレンズと単焦点レンズの組み合わせでの撮影です。

 

 

しんしんと雪が降っていましたが、写真に収めることはできず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラ内部にあるフラッシュをたいて撮影してみました。

クリップオンストロボを使用すると、もっと雰囲気のある雪景色が撮影できるのでしょうねー。

↓↓↓

 

 

 

 

 

たまに青空も見ることができました。

その瞬間をねらって1枚撮影してみました。

↓↓↓

 

 

 

旭岳は、登山やスキーはもちろんのこと、そしてキレイな紅葉が見られることで有名です。

ナキウサギやシカ、リス、キツネなども出現しますよ。

クマなども出現するのでクマベルなど用意していくといいですねー。

 

残念ながら私は野生の動物に出会うことはできませんでした。

 

 

そして夜には標高も高いので星空満点だそうですよ。

天の川もくっきり見えるとのことです。

 

山は、天気がすぐに変わってしまいます。さっき青空だったのに、急に雨が降り出したりするので、雨具持参することをオススメします。

 

 

旭岳温泉は旭川空港からクルマで1時間くらいの場所にあります。

行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です