サクラと五色桜大橋を撮影してみました

再び、五色桜大橋を撮影してきました。

 

過去の五色桜大橋記事

 

 

 

五色桜大橋は首都高速中央環状線が荒川に架かる橋。山手線の田端駅から荒川土手行きのバスに乗り、終点の荒川土手で下りると、そこは荒川土手の下です。バス停のところにちょうど階段があるので、階段を登り、荒川土手の上に出ると、桜の木が植えてあります。そして、その先には五色桜大橋。

 

夕方6時ころ荒川土手に到着しましたが、すでにカメラを構えてる方々がいました。

私もさっそく仲間にいれてもらい撮影させてもらいました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

今回はニコンD850にタムロンのSP24-70mm F/2.8 Di VC USD G2というレンズと、シグマの14mm F1.8 DG HSMという2本レンズを使い、夕暮れから夜にかけての五色桜大橋を撮影してみました。

 

 

まずはタムロンで一枚。ホワイトバランスは日陰モードにしました。

↓↓↓

 

ニコンのD850はISOが64から使えるので、ISOは64とし、F値は8、シャッタースピードは露出計でプラスマイナスゼロか若干マイナス目で撮影しました。マニュアルモード、マニュアルフォーカス、手ぶれ補正オフです。

 

 

 

辺りが徐々に暗くなるにつけ、サクラがいいかんじに写ります。

 

 

 

 

あたりが完全に暗くなったので、シグマの14mm単焦点レンズに切り替え、ホワイトバランスもオートに戻し、再チャレンジです。

 

 

焦点距離が14mmはだいぶ広いですね。

 

 

ちなみにシグマの14mm F1.8 DG HSMはズームのできない単焦点レンズで、フォーカスもマニュアルしかありません。ピントは街路灯とかに合わせてライブビューでズームしていくとわかりやすいと思いますが、肉眼派の方はご自身の感覚を信じて、何枚か撮ってみるといいと思います。

 

 

 

好みの問題かと思いますが、シグマのレンズのほうがハッキリ撮れる気がします↓↓↓

 

 

 

江北橋と五色桜大橋を一緒に入れて撮影してみました。

↓↓↓

五色桜大橋と江北橋の間の距離はおよそ150m。なんとかひとつのフレームに入りました。

 

 

 

再度、シグマからタムロンにレンズ交換をして江北ジャンクションを撮影してみました。

↓↓↓

やはり、光芒の出方が違いますね。タムロンのレンズのほうが柔らかいかんじです。

 

 

 

 

 

撮影して思ったことは、魚眼レンズがあっても面白く撮影できたかな?ということを前回の撮影のときにも思っていたのですが、魚眼レンズは持っていかず、今回も空振りでした。

 

 

そして、やはり川沿いということで、少し寒さをかんじましたね。前回は真冬の夜の撮影で、とても寒い思いをしましたが、考えてみると、夏場の「足立の花火」のときなども夜風が冷たく寒さをかんじたので、撮影に行かれる際は、一枚はおるものをお持ちください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

サクラ満開隅田公園

隅田川の桜まつりに行ってきました。

 

場所は隅田公園です。隅田公園は台東区と墨田区の隅田川沿いにある公園です。東武スカイツリーラインや東京メトロ銀座線、都営浅草線もあるので、とても交通の便のよいところにあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

残念ながら天気は雨模様・・・。

 

スカイツリーの展望台も雲におおわれていてキレイなスカイツリーを見ることができなく残念でした。

 

キレイなサクラとスカイツリーの組み合わせで撮影したかったですねー。

雨模様のせいか、レジャーシートを敷いて楽しんでる方がいつもよりも若干少ない感じがしました。

とはいっても、もちんスカイツリーの見える台東区側はとても混雑しています。

 

 

 

さて、今回はNikonD7200に18-55㎜の標準ズームレンズの組み合わせで撮影しました。

三脚はマンフロットのBefreeカーボンファイバーを使用しての撮影です。

 

 

和装の女性がいたので撮ってみました。うまく背景がボケて、女性が浮き立っています。

↓↓↓

 

日中の撮影では絞り優先オートを使います。

ISO感度自動制御はONにし、ISOは100、制御上限感度は6400としました。

 

私の使っている標準ズームレンズはD5300のダブルズームキットについていたキットレンズです。開放F値は3.5なので、ボケ具合が小さいですが、それでもまあまあボケます。

↓↓↓

 

 

 

日も落ちたので、三脚を立てて、撮影することにしました。

東武スカイツリーラインの橋脚付近から、吾妻橋方向を撮影してみました。

↓↓↓

 

夜景はマニュアルモード、マニュアルフォーカスで撮影します。シャッターが遅くなるので、三脚は必須です。

 

 

設定方法

①マニュアルモード、マニュアルフォーカス、手ぶれ補正オフ

②ISO感度自動制御をオフにして、ISO感度は100

③F値は8

④シャッタースピードはインジケーターを見て、露出計が±0になるように設定

 

ファインダーをのぞいて、ピントを合わせ、優しくシャッターボタンを押しましょう。レリーズがあると便利ですねー。

F値は大きくすると、光条がハッキリ出てきますが、そのぶん暗くなりますので、シャッターの時間が長くなります。私はふだんF8くらいで撮影していますが、わりとハッキリ光条が出ますねー。

↓↓↓

 

 

台東区側から墨田区側を撮影してみました。

↓↓↓

 

 

 

 

屋台などは禁止されているようなので、コンビニなどで事前に準備していったほうがよいかと思います。

墨田区側には町内会の出店がありましたので、それを利用することもできます。

 

 

花散らしの雨のおかげで、東京では、もうだいぶ葉桜になってきちゃいましたねー。

今週あたりはまだ、お花見、間に合うかな?

天気がよければ、ぜひ楽しんできてくださいね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

上野恩賜公園にてお花見

4月の上旬ということで、そろそろサクラも満開かな?と思い上野恩賜公園に行ってきました。

覚悟をしていったのですが、さすが人が多いですねー。年々人の数が多くなっていってるような気がします。無人のブルーシートは撤去されると看板が立てられていました。

今日は天気もよく、お花見日和でしたー。

 

スポンサーリンク

 

 

さて、今回はNikonD5300に55-300㎜の望遠レンズと40㎜の単焦点レンズを使用しての撮影です。設定は絞り優先オートでISO感度は100。ISO感度自動制御をONにし、制御上限感度を6400としました。F値は8を基本としましたが、適宜開放F値も使ったりしました。

 

 

まずは55-300㎜の望遠レンズで撮影してみました↓↓↓

東京国立博物館の黒門とサクラを撮ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40㎜の単焦点レンズで撮影↓↓↓

 

 

 

 

 

売店も出ているので、飲み物や、おつまみなどを購入することができます。

簡易トイレも設置してありますが、どこもトイレが、すごい行列ができたいました。

余裕を持って行くといいかもしれませんねー。

 

 

私も、ビールとおつまみを購入して、お花見を楽しんできました。

来週あたりはチラチラと、散り初めてくるでしょうか?

 

上野恩賜公園は、まだ満開とはいかなかったですが、思ってるいじょうにサクラは咲いていましたよ。

近くに寄った際は、お花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク