夕方の城南島海浜公園にてヒコーキ撮影

城南島海浜公園

城南島海浜公園でヒコーキの撮影にチャレンジしてきました。

バーベキューやドッグランもあり、家族連れも多い海辺の公園です。

 

 

城南島海浜公園はJRの大森駅と京急の平和島駅が最寄り駅となるのですが、そこから歩くとけっこうな距離です。

行くならバスを利用したほうがよいかもしれません。

1時間に1本くらいしかないので、前もって時刻の確認をしておいたほうがよいかと思います。

城南島4丁目の停留所で下車です。

 

さて、今回の目的はヒコーキの撮影です。

 

少し日も差していましたが、全体的にはどんよりとした曇り空。

ヒコーキはキレイに撮影できるのでしょうか?

 

今回はNikonD5300での撮影でのです。

レンズは、ダブルズームキットの長いほう、55-300㎜の望遠レンズを使用しました。

 

設定は、絞り優先オートで、ISO感度自動制御はONにしました。上限ISO感度は6400です。

 

 

夕日が全日空機を照らしています。

↓↓↓

露出量1/500秒 F8.0 レンズ焦点距離300mm ISO200 レンズ55-300㎜

 

 

 

787のエンジンにロールスロイスのマークがついているのがわかります↓↓↓

露出量1/500 F5.6 レンズ焦点距離300㎜ ISO110 レンズ55-300㎜

 

 

 

 

どんよりとした夕焼け空の時間帯

↓↓↓

露出量1/500 F5.6 レンズ焦点距離300㎜ ISO400 レンズ55-300㎜

 

 

 

エンジンがぎざぎざしてるように見えるので、ボーイングの787でしょうか?

露出量1/500 F8.0 レンズ焦点距離300㎜ ISO280 レンズ55-300㎜

 

 

ヒコーキ撮影は浮島町公園も、とても有名な場所ですが、真上にヒコーキが飛んでくる大迫力の撮影場所は、城南島海浜公園です。B滑走路に着陸する飛行機がかなり近くを飛んでくるんですよ。

 

 

 

城南島海浜公園は夕方にもなると、海風でとても寒いです。

寒くて自動販売機で温かい飲み物を購入しようとしたら、あれ?温かい飲み物は全て売り切れになっていました。

 

ヒコーキってステキですよね。

空港から見るのもいいですが、城南島海浜公園からの眺めはとてもすばらしいものです。

羽田空港はとても忙しい空港なので、どの時間に行っても多くのヒコーキを見ることができると思いますが、やはり朝夕は離発着が多いのでしょうか?私が行った夕方の時間帯では、ヒコーキが列をなして次々に羽田に降り立っていましたよ。

 

冬はもちろんのこと、夏場でも、とても寒いので防寒対策をしっかりしていってくださいね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください