文京シビックセンター展望台にて夜景撮影

文京シビックセンター展望台

文京区といえば、色々な観光地がありますよよね。根津神社や、六義園、東京ドームシティなどありますが、夜景撮影といえば、文京シビックセンターではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

文京シビックセンターとは東京ドームシティに隣接した文京区役所の入る高層ビル。周りに高い建物がないので、上からは東京の夜景を楽しむことができます。

 

ということで、今回は、文京シビックセンターの25階にある展望台へ行ってきました。

天気がよければ、富士山、筑波山なども見えるそうです。

料金もかからないので、なんども足を運ぶことができますね。

 

 

残念ながら、三脚。一脚は使用禁止になっています。

ガラス張りが、斜めになっているので、反射がしにくくなっています。照明もライトダウンされていて、夜景撮影には向いていそうな気がします。

 

 

今回はNikonD7200に標準ズームレンズと望遠レンズの組み合わせで撮影をしました。

 

 

反射がしにくくなっていても、向きや照明の位置によっては反射してしまいますので、C-PLフィルターを使用しました。

 

手持ち夜景ということで、シャッタースピードを気にしました。私の場合、1/30秒より遅いシャッタースピードになると手ブレしてしまいますので、シャッタースピードは1/30秒に固定し、ISO感度とF値を適宜調整することにしました。

また、ガラスのところにはカメラをおける台のようなものがあり、そこにカメラを置いて、ISO感度を低くして、いつもどおりスローシャッターで撮影もしてみました。

 

 

 

池袋方面向きで撮影です。

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

望遠レンズを使用して撮影しました。

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

展望台は東側、北側、西側に窓があり、南側はレストランになっています。

南側のシビックスカイレストラン椿山荘からだと東京ドームの夜景を眺めることができるそうですよ。

イスなどは設置されてないですが、ちょっとしたテーブルがあるの夜景を見ながら休憩することができますね。

 

 

三脚が使えないため、失敗した写真も多かったのですが、それでも何枚かは使える写真でした。

 

 

いろいろと文京シビックセンターを検索してみると、隅田川の花火大会の花火も見えるとのこと。

これはすごく嬉しい情報です。もしかしたら穴場スポットかもしれませんね。

カメラ撮影だと、やはりベストポジションを取るには早めの待機が必要なのでしょうか?隅田川の花火大会は東京スカイツリーの見える東側の窓方向です。スカイツリーと花火、ステキですねー。

時間と日にちがあえば、チャレンジしに行きたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください