世界貿易センタービルにて夜景撮影に挑戦

世界貿易センタービル夜景撮影

浜松町にある世界貿易センタービルの展望台は三脚持ち込みの可能な展望台なんですよ。

入場料は大人620円です。

 

今回はニコンのD7200と18-55㎜の標準ズームレンズを持って撮影に行ってみました。

 

 
展望ラウンジは40階にあります。

チケットを購入して、エレベーターで一気に展望ラウンジに行ってみると、おー、スゴい。そして思った以上に暗い

非常口の灯りは気になりましたが、照明も落とされており、非常に快適な撮影環境ですよ。

さっそくベルボンのSherpa645Ⅱをセットし、カメラを設定して撮影してみました。

 

 

設定はいつもどおり。

マニュアルモード、マニュアルフォーカス、手ぶれ補正オフ。ISOを100にし、F値は8としました。

露出計を見ながらインジケーターが±0になるようにシャッター速度を決めていきます。

オートフォーカスがよく効くので、ある程度オートフォーカスでピントを合わせてから、マニュアルフォーカスに切り替えるというのも作戦かと思います。

また、LVボタンを押して、ライブビュー機能を使い、ピントを合わせることもできますね。

 

まずは東京タワー方面を撮ってみました
こちら↓↓↓
DSC_0117.jpg

世界貿易センタービルの展望ラウンジから望む東京タワーは最高です。

とてもキレイ

 

しばらく東京タワーを撮影したのち、展望ラウンジをぐるっと一周して、別のものが撮れそうな場所を探してみました。

こちら↓↓↓
DSC_0123.jpg

 

レインボーブリッジは入っていませんが、お台場方面を撮っています。

ビル内は照明をかなり落としているので、とても撮影しやすい環境でした。

東京の夜景撮影スポットはココってオススメしたいところです。

三脚OKの展望台って珍しいですよね。

また撮影にチャレンジしにいきたいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です