桜が咲く頃、東京のお花見スポット

東京おすすめサクラまつりスポット

河川敷を散歩をしていたら、川津桜が咲いていました。もう桜の咲く時期なんですねー。

キレイな桜をみながら、お花見を楽しみたいですよね。

私はきっと、花より団子になってしまうでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ということで、今回はオススメのお花見スポットをいくつか紹介させて頂きます。

 

 

 

目黒川桜まつり

目黒川のお花見は、レジャーシートなどの持ち込みは禁止されています。

屋台が出店されているので、桜を見ながら食べ歩きというかんじでしょうか?

目黒駅方面より、中目黒方面のほうが賑わっています。

去年撮影したものです。とても風が強かったときもあり、キレイに撮影することが困難でした。

 

 

NikonD7200の単焦点レンズの組み合わせです。

↓↓↓

露出量1/60 F3.0 焦点距離40mm ISO2500

 

 

 

露出量10.0秒 F8.0 焦点距離40㎜ ISO100 

 

 

 

上野恩賜公園 桜まつり

上野恩賜公園は、毎年のようにお花見をしに行くところです。

とても混雑して有名な場所ですね。

 

上野公園と一帯は、江戸時代の寛永寺の敷地でした。寛永寺に植樹された桜を増やしていったそうですよ。公園内の大半は京都から持ってきた子孫が多いいそうです。

去年の桜まつりは、3月19日から4月10日まで開催されていたので、今年もその時期らへんなのでしょうか?

詳しくは、ホームページなどで確認するといいかもしれません。

 

宴会するには、桜通りが有名ですが、まったり桜を観賞したいのであれば不忍池周辺がオススメです。

ライトアップもされていて、とてもキレイなのですが宴会は20時までとなっています。時間になると警備員の方々が、そろそろ終わりですよと声をかけてきます。

 

 

 

 

桜満開、上野恩賜公園の写真です

OLYMPUS PEN E-PL7にて撮影です

↓↓↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

露出量1/250 F5.1 ISO200 レンズ焦点距離105㎜

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

露出量1/250 F9.0 焦点距離42㎜ ISO200

 

 

 

 

 

千鳥ヶ淵さくらまつり

去年はライトアップ初日の日に千鳥ヶ淵の桜を見に行ったときの写真です。

気持ちが早まってしまい、まだ桜は満開ではありませんでした。でもライトアップされているので雰囲気は楽しめますよね。仕事帰りの人たちも足ををとめて桜の写真を撮影していました。

残念ながら、レジャーシートは禁止されています。

 

 

NikonD7200

露出量13.0 F8.0 レンズ焦点距離40㎜ ISO100 

 

 

 

露出量1/50 F2.8 レンズ焦点距離40㎜ ISO6400

 

 

 

Wikipediaによると千鳥ケ淵戦没者墓苑入口から靖国通りに接している麹町消防署九段出張所までのお堀沿い約700mの遊歩道が千鳥ヶ淵緑道であり、緑とお堀に囲まれた憩いの場として親しまれているそうです。

 

桜を見ながら、有名な武道館方面を歩いてみましたが、ひとも少なく少しコワい感じがしましたね。

 

 

今年も色々な場所の桜まつりに遊びに行きたいですね。

井の頭公園や石神井公園、小田原城などもよさそうですよね。

時間があれば、何ヵ所か撮影しに行きたいです。

 

みなさまも、キレイな桜を見ながら、癒やされに行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

1 Comment

M.Hermitage

久々にお邪魔します。
こちらは今朝も雪が降ってましたが、桜が咲くような暖かさが早く来て欲しいです。
さて夜景のSS、光跡や波の表情を撮るなどの目的があれば別ですが、夜桜などはなるべく早い方が良いと思います。
というのも風で桜や提灯にブレが出る可能性があるからです。
反対に花のブレなどを演出したい場合でも10秒は長すぎかも知れません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です