月の軌跡 インターバル撮影をしてみました

月のインターバル設定

月のインターバル撮影をしてみました。

ふつう月を撮影するときは望遠レンズを使用しますが、今回はNikonD5300に18-55㎜の標準ズームレンズの組み合わせで撮影しました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

月をインターバル撮影するにあたって必要な機材

①三脚(2万円くらいの頑丈な三脚をオススメします。せっかくの写真なので三脚はしっかりした物を選びましょう)

②デジタル一眼レフカメラ(ミラーレスも可)

③標準ズームレンズ(たくさん月を入れたいのであれば広角端を使いましょう。ただし、月はかなり小さくなります。)

④カメラ本体にインターバル機能がついていなければ、タイマーレリーズが必要となります。

 

 

 

月のインターバル撮影をすると、このような写真が撮影できます。

↓↓↓

Photoshopでトリミングしました。まだ、だいぶ重なっているかんじですねー。

 

 

 

 

 

 

月が動いていく姿を何枚も撮影したいのであれば、広角レンズを使いましょう。ただし、月はかなり小さくなります。個人的には標準レンズの広角端で十分なかんじです。

 

 

持っているカメラが、インターバル撮影ができるのか調べる必要があります。もし機能がついていなければ、タイマーレリーズを使用することでインターバル撮影がすることができます。

枚数と間隔をセットすると一定の時間で指定の枚数のシャッターを切ってくれます。

 

 

月は大きな天体ですので、オートフォーカスでピントが合います。ピントを合わせたら、マニュアルフォーカスにし、手ぶれ補正機能があればそれもオフにします。

月の撮影方法は月齢を見ながらStudio9さんのサイトどおりにISO感度、シャッター速度、F値を設定します。今回は半月だったので、ISO800、F6.3、SS1/400、EV-2.7で撮影しました。

 

 

 

 

今回は半月を1分間隔で10枚撮影しましたが、1分30秒くらい間隔をあけてもよかったのでしょうか?

満月だと、けっこう長めに間隔をあけたほうがキレイに撮影できると思います。以前満月のときに試し撮りをしたところ、月がだいぶ重なってしまいキレイに撮影することができませんでした。まあ、2分間隔とかそれくらいでしょうか?今度やってみたいと思います。これで10枚撮ろうとすると、20分もかかる計算になりますので、たくさん撮ろうとするとけっこう時間がかかります。

 

 

 

撮影した写真は、AdobeのPhotoshopにて比較明合成をして完成させました。Windows7の方はシリウスコンプというフリーアプリがあるのでそちらを使うと非常にカンタンに仕上げることができます。Photoshopの場合、一枚一枚比較(明)にしていかないといけないので、枚数が多いとけっこう面倒かもしれませんねー。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください