NikonD7200 大山千枚田で星空撮影

土曜日の日は、新月ということもあり、千葉県鴨川市にある大山千枚田に星空撮影に出かけてきました。

駐車場はありますが、食べるものなどは売られていないので、近くのコンビニで準備をしていってほうがよいかと思います。以前訪れたときは、トイレもなかったのですがトイレの建築工事が進められていました。

 

田んぼには水がなく、、ちょっと寂しいかんじがしました。

棚田に水が張っていると、星空が田んぼの水に反射してキレイなんでしょうね。

 

私が今回訪れたときは、残念ながら天の川を見ることができませんでした。ちょっと曇りがちな星空だったのと、タイミングの問題かと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

さて、今回はNikonD7200 トキナーのAT-X116PROⅡの組み合わせで撮影しました。

 

到着した頃は、キレイな夕焼けでした。さっそく三脚を立てて撮影開始です。

↓↓↓

棚田の向こう側に夕霧が立ちこめているのが分かりますか?

 

 

 

うまく光条が出ましたねー。

 

 

 

夕焼けの設定方法はこんなかんじ。

①マニュアルモード、マニュアルフォーカス

②ISO100、F8

③シャッタースピードは露出計を見ながらインジケーターが±0になるように設定する

 

 

 

 

 

夕日も沈み、キレイな星空が出てきてくれました。オリオン座がでているの分かりますか?

↓↓↓

棚田倶楽部のところから東の空を撮りました。

下の白いのは光害です。

 

 

設定方法

①カメラをマニュアルモードにする

②レンズもマニュアルフォーカスにする

③開放F値(今回はF2.8)

④ISO1600、SS15”

ふだんはISO3200、SS30”で撮っていますが、ふだんの設定でやったら明るすぎたので、設定を見直しました。

 

 

 

 

星空にピントを合わせるには、∞遠側にリングをまわしながら調整してみましょう。∞マークのところを通り過ぎてしまうので、まわしすぎに注意しましょう。

↓↓↓

けっこう難しいですが、明るい星に合わせるといいかもしれませんね。液晶画面で拡大鏡などで確認をします。

動かないように、パーマセルテープなどで固定をするといいかもしれません。

 

 

またレリーズがあると、とても便利ですね。なければ2秒セルフを使いましょう。じかにシャッターをいじってしまうと、カメラに振動が伝わってしまい、ぶれてしまう可能性があります。

 

 

 

 

千葉県ということもあり、飛行機がたくさん飛んでますね。

思わず、飛行機に乗っている方は満開の星空を見てるんだろうなと思いをはせてしまいました。

 

NikonD5300でも撮影をしてみたので、また今度紹介させてください。

インターバル撮影にも挑戦してみましたので、その設定方法などについては後日説明させていただきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です