夕方の谷中銀座商店街

テレビでもけっこう紹介されている谷中銀座に遊びにいってきました。

JR日暮里駅北口の改札口を出て左方向に数分歩いたところにあります。

 

谷中銀座は、ネコが有名ですよね。

商店街の雑貨店にはネコをモチーフにした様々な商材が売られています。

そして、メンチカツを片手にブラブラするのがとても話題になっています。

 

今回はNikonD5300に単焦点レンズ40㎜をつけて撮影しました。

 

夕方に行ったということもあり、お買い物をしているお客さんたちがたくさんいて、賑わっていましたよ。

日暮里側の谷中銀座の入口には「夕焼けだんだん」と呼ばれている有名な場所があります。

とりあえず一枚撮影してみました。

こちら↓↓↓

 

 

夕景の撮影ということもあり、三脚を使用しました。
三脚はベルボンのULTRA553を使用して、ローアングルでも撮影してみました。

こちら↓↓↓

 

 

商店街に越後谷酒店さんという酒屋さんがあり、エビス琥珀生ビールが飲めるところがありました。

メンチカツと生ビール、美味しそうですね。

 

この谷中商店街は、昔懐かしき昭和の雰囲気があるところです。お店に数は70は店舗、170メートルと距離が短いのですが、のんびり歩きながら食べ歩きをしていると、その人の多さからもっと長いんじゃないと感じてしまいます。

八百屋さんや魚屋さんなどもあり、新鮮で安いので、ついつい買ってしまうんですよね。

 

 

谷中銀座の日暮里駅とは反対側の入口はよみせ通り商店街という商店街との交差点でもあります。夕焼けだんだんを背にして左の方にずーっと歩いて行くと東京メトロの千駄木駅のあたりに出ます。

谷根千のが出てきましたね。

じゃあ、はどこってところですが、根は根津の根です。よみせ通りの千駄木側の入口を背にして、さらに上野方面に進むと通称蛇道というクネクネとした道に出ます。この道は不忍通りと並行して走っている道です。

ここを抜けていくと根津の駅にたどりつきます。

 

 

お寺の多いこの一体を谷根千と呼んでいて、古民家に併設されたオシャレなカフェや懐かしい雰囲気のお店がたくさんあります。

話が横道のそれましたが、谷中銀座はそんな立地にあります。

撮影禁止のお店もあるので、撮影には注意が必要です。撮影禁止のお店には撮影禁止のマークがついていますので、一目でわかるようになっています。

 

谷中銀座商店街の路地1本はったとこりに、「ひみつ堂」という有名な、かき氷屋さんがあります。

冬なのに、毎日行列のお店なんですよ。

とてもふわふわして氷でまるで「わたあめ」を食べてるみたいなんですよ。

きかいがあれば、ぜひ食べてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です