雪の日の葛西臨海公園にてNikonD7200で撮影してきました

昨日も寒かったですねー。

 

昨日は葛西臨海公園に行ってきました。

葛西臨海公園は江戸川区にある東京湾に面した都立公園です。園内には水族館や大観覧車もあり、規模としてはかなり大きいほうの都立公園になるそうですよ。

 

JR京葉線の葛西臨海公園駅で電車を降りたのがお昼ころ。

日本最大級の大観覧車のところでお弁当を食べ、寒いなーと思いながら園内をお散歩していたところ、なんと雪が降ってきてしまいました。

 

 

 

持っていたNikonのD7200と55-300㎜の望遠レンズの組み合わせで降っていた雪を撮ってみました。

こちら↓↓↓

 

 

 

 

設定は、絞り優先オートで、ISOオートをON、上限感度を6400にして撮影しました。

 

 

ちょっとわかりにくいですかね?

降っている雪を撮影するのは初めてだったので、ちゃんと撮れているか心配でしたが、帰ってきて大きな画面で確認すると、なんとなくわかりますねー。

短時間ですが、けっこういい勢いで降っていましたよ。

 

 

 

いつも参考にさせて頂いているStudio9さんのサイトによれば、降っている雪を撮影するにはストロボ発光が必要とのことでした。

私はクリップオンストロボは持っていないのでカメラ本体に内蔵されているフラッシュにゆだねることになりますが、本体に内蔵の、あのいかにも非力そうなフラッシュでどこまで光が届くのかちょっと懐疑的。こんど雪が降ったら、挑戦してみたいと思います。場合によってはクリップオンストロボを購入してもいいかなーと思います。

 

 

 

 

寒すぎたので、一時お散歩中断し、クリスタルビューと呼ばれるガラス張りの建築物の中に避難しました。

Siriに現在の気温を聞いたところ、4℃という回答でしたが、もっと寒くかんじましたねー。風が体温を奪い、そうかんじたのかもしれません。末端が痛くなるくらいの勢いでした。

 

 

公園内の通路はこんなかんじ↓↓↓

 

 

 

 

寒々しいですよね?

寒さをお伝えしたくて、あえてAdobeのLightroomで写真の色を抜きました。

 

やり方はカンタンです。

Lightroomの画面右側の列の「色表現」の項目から「白黒」を選ぶだけです。通常は「カラー」になっているはずです。

こうするだけで、だいぶ寒さをお伝えできるのではないかと考えました。

 

 

 

 

ホントは夕焼けを撮りに行ったのですが、そんな状態でしたので、夕焼けも撮れませんでした。天気がよければ富士山も見えるという話でしたので、次回訪れるときは、ぜひ、富士山と夕焼けをセットで撮影してみたいなーと思います。できればダイヤモンド富士なんて見られるといいですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です