ニコンD850 恵比寿ガーデンプレイス バカラのシャンデリアの色が変わる

恵比寿ガーデンプレイス

東京の冬の風物詩、ウインターイルミネーションは恵比寿ガーデンプレイスのBaccarat ETERNAL LIGHTSを皮切りに各地で開催されます。恵比寿ガーデンプレイスのシンボルであるBaccaratのシャンデリアは世界最大級ということで、毎年多くの撮影者が集まる撮影スポットでもあります。
 
 
 
 
 
恵比寿ガーデンプレイスイルミネーション
 
 
 
 

三脚禁止のウワサ

私は一度も注意されたことがありませんが、SNS上に恵比寿ガーデンプレイスでの撮影は三脚使用禁止という書き込みをよく見るようになりました。恵比寿ガーデンプレイスを管理しているサッポロ不動産開発に電話して確認したわけではありませんので、なんともいえないところですが、三脚を使用して撮影すると注意される可能性があるので、手持ちで勝負したほうが無難かもしれません。
 
 
恵比寿ガーデンプレイスイルミネーション
 
 
 
 
恵比寿ガーデンプレイスイルミネーション
 
過去のイルミネーションの記事
 

恵比寿ガーデンプレイスタワー

恵比寿ガーデンプレイスタワーは駅を背にして右手側にある高層ビルです。このビルの38階と39階にはガラス張りの開口部があり、無料の公開展望台として解放されています。39階は西側と北側に窓があり、38階はそれに加え、東側にも窓があるため、東京タワーや六本木ヒルズ方面を撮影されたい方がかなりの数集結します。この西側の窓からはいちおう東京スカイツリーも見ることができるのですが、下の方が虎ノ門、六本木エリアの高層ビルにかぶってしまい、下の方は見ることができません。北の窓からは恵比寿駅から渋谷駅方面を望み、西の窓からは天気がよければ富士山を望むことができます。ここで、三脚問題が発生します。東京の都心部ですのでキレイな夜景を撮影することが可能なのですが、三脚はダメかもということで、注意されたくない私は、手持ちで撮影するしか方法がなくなります。事前にサッポロ不動産開発に電話で問い合わせればよかったのですが、不精者の私は手持ちで撮ると覚悟を決め、撮影に挑みました。
 
 
 
 
 

D850の底力

フルサイズセンサーでダイナミックレンジの広いD850での撮影は、夜景の撮影方法を一変させる可能性があります。都市部ですので、光源はいくらでもあります。ピントがそこにさえ合ってくれれば、ノイズによる画質の劣化を犠牲にしたとしても、日中の撮影のように撮影することができます。ガーデンプレイスタワーでの撮影については、後日改めて別の記事にいたしますので、お楽しみに。
 
 
 

色が変わるBaccaratのシャンデリア

5時前になると、日も落ち、辺りは暗くなります。日中からずーっとライトは点灯しているのですが、シャンデリアの色が変わる瞬間を撮影することができました。5年以上通っていますが、はじめて見ました。事前に色が変わると分かっていれば反射しない場所に移動できたのにとても残念です。クリスマスツリー側からレッドカーペットが敷いてあり、その先にBaccaratのシャンデリアがあります。いつもですと、三脚を使い、カメラを固定して撮影するのですが、三脚使用禁止かもしれない件がありましたので、ここも手持ちで撮影しました。三脚を用いて撮影している方も何人かいらっしゃいましたが、とくに注意されている様子もなく、もしかすると三脚禁止は都市伝説みたいなものなのか、もしかすると、ガーデンプレイスタワー内に限った話なのか?ちょっとよくわかりませんでしたが、とりあえず、色の変わるシャンデリアを撮影してみました。レンズはタムロンのSP 70-200mm F/2.8 Di USD G2を用いました。全体で2キロ半くらいの重量になりますので、女性の私にはかなり堪える撮影となります。通行人も多く、撮影自体も非常に難しかったので、ふだん使わない方法で撮影することにしました。
 
 
 
恵比寿ガーデンプレイスイルミネーション
 
 
恵比寿ガーデンプレイスイルミネーション
 
 
恵比寿ガーデンプレイスイルミネーション
 
 
恵比寿ガーデンプレイスイルミネーション
 

HDR撮影

HDRとはHigh Dinamic Rengeの略で、プラス補正した明るい写真とマイナス補正した暗い写真を合成して1枚の写真にする撮影方法です。HDRに設定すると、カシャカシャと、2階シャッターが切れます。この2階のシャッターをカメラ側で合成し、1枚のJPEGとして保存されます。設定として、RAWを使われている方は、RAWをオフにしないといけません。D850の場合、一番大きく撮るのであれば★FINEですね。+RAWがあると、HDRの設定はできませんので、お気をつけください。バランスですが、どの程度がいいのかがよくわからないので、最初はオートを選びましたが、シャンデリアがことのほか明るいので、MAXのEVプラスマイナス3で撮影してみました。比較するとよくわかりますが、シャンデリアが明るすぎて暗い写真になってしまっているものが、いい感じのバランスで、奥のクリスマスツリーまでしっかり撮影できています。設定はいつも通りの絞り優先オートです。ISOオートを使いますが、感度上限制御の部分はふだん6400を選んでいますが、今回は12800まであげました。ここまでISOが自動で動くようになると、かなり暗い状況でもシャッターが切れます。なお、高ISOによるノイズは私の中ではさほど気にもならなかったので、もっと上げちゃっても大丈夫かもしれません。
 
 
 
恵比寿ガーデンプレイス
 
 
恵比寿ガーデンプレイス
 
 
恵比寿ガーデンプレイスイルミネーション
 
 
 
 

構図が難しい

撮影者が多く、思い通りの構図を取ることができません。こんなときは、D850の高解像度をうまく利用しましょう。Photoshopでクロップするといいと思います。私はふだん一番大きな画像設定にしています。★FINE+RAWですね。これですと、8256ピクセル×5504ピクセルという超巨大な画像として記録されますので、ちょっとくらいクロップしたところで、ふだんの書き出しサイズよりは大きいものになると思います。不要な部分はクロップして消しちゃっても問題ないと思います。
 
 
 
 
 
 

まとめ

三脚の使用がOKかどうか?いずれ確認しないといけないと思いますが、東京ミッドタウンや新宿のサザンテラスなども三脚の使用を禁じており、三脚を出しているとものすごい勢いで警備員が飛んできますので、手持ちで夜景を撮るひとつのアイディアとして、HDR撮影もいいかと思います。iPhoneなどにもついている機能ですが、ニコンのイチガンでも使うことができる機能ですので、みなさまも一度お試しください。けっこういい写真が撮れますよ。
 
 
追記
1日3回だけ青色から虹色に変化する特別なイルミネーションがあることがわかりました。時間までは分かりませんでしたが、分かり次第、追記いたします。なお、私が見たタイミングは夕方の6時ころだったような気がしますので、ご存じの方はTwitterに書き込みをいただければ幸いです。
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください