あけぼの山農業公園(柏市)かわいいチューリップ畑

ローポジションから撮影

あけぼの山農業公園は千葉県柏市にある風車がシンボルの公園です。あけぼの山農業公園は四季折々のお花が楽しめる公園としても知られており、インスタグラムなどでもたびたび登場するわりと有名な撮影スポットです。
 
 

あけぼの山農業公園へのアクセス

あけぼの山農業公園へのアクセスはJR常磐線の我孫子駅からあけぼの山公園入口行きのバスを利用するのが便利です。柏駅からもバスがあるようですが、本数が少ないそうで、我孫子駅を利用できる方は我孫子駅からアクセスするのが便利かと思われます。我孫子駅からのバス賃はICカード利用で165円でした。停留所からはグーグルマップなどでナビりながらあけぼの山農業公園まではゆっくり歩いても、10分はかかりません。
 
 
 

 
 

あけぼの山農業公園のロケーション

あけぼの山農業公園はいくつかのエリアに分かれていますが、私が訪れたタイミングでは、風車のあるエリア一面がチューリップ畑になっており、多くの見物客やカメラを持った方々がチューリップを楽しまれていました。チューリップ畑とお店のあるエリアの間の道をチューリップ畑に向かって左側を見ると、薄曇りでしたが、筑波山がキレイに見えました。方向はよくわかりませんが、太陽が沈んでいく方向よりは北向きだったと思われますので、北西方向になるのでしょうか?
 
 
 
 

D850で撮影

今回はニコンのD850にタムロンのSP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2およびSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2を持って撮影に出かけました。70-200mmはボケを狙った撮影をするために持っていきましたが、広角レンズがあったほうがよかったかもしれません。
 
赤いチューリップ
 
 
チューリップは色分けされて植えられており、白、ピンク、赤、黄色など、ホントいろいろな色のチューリップが植えられていました。この公園のいいところは、チューリップ畑がキレイに見られるところに展望デッキを作ってくれており、カメラやスマートフォンを持った多くの方が列をなしていました。
 
黄色いチューリップ
 
 
チューリップに限らず、お花の撮影は1段くらいプラスに補正して撮影すると、ホワンとしたいいかんじの写真になります。ローポジションからハイアングルを狙うと、茎もキレイに入り、そこに太陽が入ったりすると、キレイに光芒を作れたりします。膝や肘をつく必要があるかもしれないので、なにか敷物を持っていったほうがいいかもしれません。小さい三脚なら通路に置くこともできるのでしょうが、ローポジションからうえを見上げて撮影したい場合、通路がそこまでは広くなく、三脚の脚がチューリップ畑に入ってしまいますので、その撮影方法はちょっとダメなかんじですね。なので、寝そべるとか、膝や肘をついて撮影するために、ふたりくらいが座れるサイズのレジャーシートを持っていくといいかもしれません。
 
ローポジションから撮影
 
F22まで絞り込んで、太陽を入れると光芒がキレイに出ました。
 
 
 

額縁効果を狙った撮影

風車のところにはポプラの木なのでしょうか?なにか木が植わっており、額縁効果を狙った撮影することもできます。
 
風車とチューリップ畑
 
上の写真ですと、ちょっと広すぎる感もありますが、望遠でずーっとよって撮ると、両サイドのポプラ?の木と下のチューリップ畑が額縁の役割を果たし、いわゆる額縁効果を狙った風車の撮影をすることができます。クロップしてしまうというのもありかと思いますが、この写真はこの写真でよさそうだったので採用しました。
 
 
 
 

絞り優先オートで撮る

設定は絞り優先オートでいいと思います。絞りをコントロールして、ボケを作ったり、奥までしっかりとピントがきた写真を撮ったり、いろいろなバリエーションで撮影するといいと思います。また、望遠レンズを使って撮影をすると、意図してボケを作ることもできます。注意点としては、望遠レンズに限らずですが、レンズには最短撮影距離というのがあり、望遠レンズの場合、その最短撮影距離がわりと長く、最短撮影距離より内側の被写体にはピントが合いません。奥のなにかにピントを置き、手前をボカすのであればいいのですが、手前側をぼかすために望遠レンズを使うのであれば、最短撮影距離も考慮する必要があります。望遠レンズの望遠端を使って撮影すると大きくボケを作り出すことができるのですが、その効果を使うために、自分がバックしなければならないこともありますので、そのあたりはちょっと注意しなければいけないところでしょうか?
 
 
 
 

開園時間外は周囲に配慮を

Instagramを見ると朝のブルーアワーくらいから焼けの時間帯を狙って撮影されている方の写真を多く見かけます。いちおう駐車場はあるようですが、園内放送を聞くと、駐車場も封鎖されるようですので、近隣の方の迷惑にならないように配慮をお願いします。周りの道路はさほど広くありませんので、ご注意ですね。
 
 
 

まとめ

一年を通して、いろいろなお花を楽しめるあけぼの山農業公園。夏から秋にかけては私の大好きなひまわりやコスモスもきれいに咲くようなので、次はそのタイミングで撮影に訪れたいと思います。私が住む都内から1時間かからずに行け、交通費も往復で1,500円弱で行くことができましたので、また、改めて撮影に出かけたいと思います。次回は広角レンズで勝負してみたいと思います。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください