輝くクリスタルツリー 東京ガーデンテラス紀尾井町

東京ガーデンテラス紀尾井町

東京ガーデンテラス紀尾井町は永田町駅または赤坂見附駅直結の複合商業施設です。周囲は都心の一等地ですので、撮影スポットも多く、ほかの撮影も一緒に楽しめる場所として、みなさまにオススメしたい場所です。
 
 
東京ガーデンテラス紀尾井町
 
 
 
 
 

東京ガーデンテラス紀尾井町へのアクセス

周囲は都心の一等地ですので、どこからでもアクセスがしやすく、お散歩がてら、お隣の駅からでも歩けたりしますので、みなさまが行きやすい方法で行かれるといいと思いますが、永田町駅または赤坂見附駅と直結していますので、永田町駅または赤坂見附駅を通過する電車に乗れば、外に出ることなく東京ガーデンテラス紀尾井町に行くことができるので、便利かと思います。
 
 
 

div> 

 
 
 
 

KIOI CRYSTAL WINTER ’19/’20

11月の初旬からバレンタインデーまでの約3ヶ月、東京ガーデンテラス紀尾井町のいたるところで、クリスタルをイメージした約41万球のイルミネーションが輝きます。なかでも、2019年から2020年のシーズンは、花の広場と呼ばれる場所では、箱根ガラスの森美術館とのコラボレーションで、クリスタルのツリーが出現。昼間は自然光の中でクリスタルが輝き、夜はイルミネーションの光に照らされて、大変美しいです。
 
 
東京ガーデンテラス紀尾井町
 
 
 
 
 

イルミネーションを撮る

イルミネーションの撮影は夜景の撮影と一緒ですので、設定も夜景の撮影と同じ考え方となります。夜景ですので、カメラを三脚に据え、シャッタースピードを遅くして撮影するのが一般的な撮影方法となります。最近では、カメラも高感度に強いものが増えてきたので、ISO感度を高くして、手持ちで撮影するという方法もあります。また、露出の違う2枚の写真をカメラで合成するHDRという撮影方法もあります。三脚が使えないシチュエーションでは高ISO感度での撮影、またはHDRは有効的な手段となります。
 
 
 
 
 
東京ガーデンテラス紀尾井町
 
 
 
東京ガーデンテラス紀尾井町
 
 
 
東京ガーデンテラス紀尾井町
 
 
 
東京ガーデンテラス紀尾井町
 
 
 
 
 

設定

上述のとおり、夜景の撮影にはいろいろな方法があるかと思います。私はキホン、三脚にカメラを固定し、スローなシャッタースピードで撮影します。
1.マニュアルモード、マニュアルフォーカス、手ブレ補正オフ
2.ISO100、F13とか
3,シャッタースピードは露出計を見てプラスマイナスゼロになるように設定する
 
 
 
 
絞りはF8くらいから段階的にあげて調整してみてください。イルミネーションなどでも拡大してみると光芒が出ていたりします。光芒は写真のアクセントとなりますので、できればキレイに出せるといいですね。また、手ブレ補正機構を切って撮影しますので、物理シャッターを直に触るのはできれば避けたほうがいいと思います。セルフタイマーを使うとか、レリーズを使うとか、そういった方法で撮影すれば、ブレを防止できます。シャッタースピードは30秒になっても、露出計がマイナスの状態になっていることがままあります。私は気にせず撮影してしまいますが、気になる方はISO感度を200とかにあげてみるといいと思います。また、私はのんびり撮影していますが、30秒も待っていられないという方も、ISOをあげることにより、時短につながりますので、このあたりはISOの調整を試されるのもいいと思います。注意しなければならないのは、ふだんISOオートを使って撮影されている方は、ISOオートをオフにすることをお忘れなく。オンのまま撮影すると、ISOが勝手に上まであがってしまいます。
 
 
 
 
東京ガーデンテラス紀尾井町
 
 
 
東京ガーデンテラス紀尾井町
 
 

ボケを意識する

ボケを意識した撮影というのもイルミネーションの撮影では非常に大切です。ボケを作るには望遠ズームレンズを使うのがイチバンカンタンです。レンズを望遠端にし、絞りをそのレンズの一番小さな数に設定して撮影すると、被写界深度が狭くなるため、ピント以外の部分はボケます。イルミネーションなどの光る光源は玉ボケとして写り、おもしろい写真を撮影することができます。
 
 
 
東京ガーデンテラス紀尾井町
 
 
 
東京ガーデンテラス紀尾井町
 
 
 
ふだん使わない機能の多重露出で、ちょっと遊んでみました。
 
東京ガーデンテラス紀尾井町
 
 
 
 
 

まとめ

イルミネーションは青または白基調のイルミネーションで、とてもワタシ好みのイルミネーションでした。また、クリスタルツリーは大変美しく、望遠ズームレンズを使うことにより、意識的に玉ボケを作ることもでき、とても楽しい撮影をすることができます。日枝神社にお参りをしてから撮影するのもよろしいかと思いますし、青山通りにかかる歩道橋でレーザービームを撮影して帰るのもいいかと思いますので、みなさま、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?きっとステキな夜景に出会えますよ。
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください