ニコンD7200 ウォータークラウンを撮影してみました

今回は、ウォータークラウンの撮影に挑戦してみることにしました。

水で王冠を作るなんてとても難しいんじゃないか?て考えてしまいますよね。

高速シャッターで、シャッターと水が落ちた瞬間のタイミングがあえばキレイな王冠が撮影できます。高速シャッターは1/4000秒とか1/8000秒とかの世界です。

 

 

晴れの日に部屋の窓側や外で撮影すると比較的キレイに撮影ができるそうです。私が撮影した日は雲空ということで撮影不向きでしたが家の中でストロボを使用して撮影してみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

さて、今回はニコンD7200に40mmマクロの単焦点レンズとクリップオンストロボを使用しての撮影です。

 

 

用意したものは青の色紙、透明な容器、スプーン。全部百均にありました。

透明な容器の下に青の色紙を敷き、透明な容器には1cmくらいの高さまで水を張りました。スプーンは水を落とすために使いますが、スポイトとかをお持ちであれば、それでもOKだと思います。

シャッター速度が速いので手持ちでもいけるのかもしれませんが、三脚に固定して撮影する方が両手があくので、圧倒的にらくです。片手にスプーン、片手にレリーズというのが今回の撮影スタイルです。

 

 

 

水が落ちる瞬間も撮影できます。

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

クラウンが撮影できましたね。

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

設定方法

①ISO100

②シャッタースピードは1/250

③F11

 

 

 

ニコンのクリップオンストロボ、SB-700の説明書を読んでないのでよくわかりませんが、シャッタースピードを上げようとしても、1/250までしか上がりませんでした。たぶんなにか設定があるのだと思いますので、こんど読んでみます。

ISO感度を上げるという考え方もあるのだと思いますが、今回はISOを100に固定し、マニュアルモード、マニュアルフォーカスで撮影しました。

 

 

 

水を落とす高さは、約50センチくらいのほうがクラウンになりやすいのかと感じました。

なかなかクラウンができなくても、コツさえつかめば簡単に撮影できるかと思います。

高速シャッターということで、パソコンで写真を一枚ずつ確認するのも一苦労ですね。スプーンを容器においてピントを合わせておくことをオススメします。ピンぼけなることはなくなると思います。

 

 

 

天気がいいけど、寒くて外で撮影したくないなという日などに、挑戦してみてはいかがでしょうか?

熱中し過ぎて時間があっという間に過ぎてしまいますよ。

 

 

クリップオンストロボのパワーに驚かされました。内蔵ストロボとは比較にならないくらいのパワーですよ。人物撮影はもちろんのこと、ブツ撮りや雪、クラウン撮影などにも使えるので、一個持っているといいですよー。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

ニコンD7200 花びらに雫をのせて撮影してみました

花弁に乗った水滴に映り込む花。Instagramなどでもよく見かけるステキな写真。そんな写真を撮影してみたいと思ったことありませんか?

私も、挑戦してみたいと思ったひとりです。ということで、フラワーショップでかわいらしいお花を何本か買い、100円ショップの化粧品売り場で見つけた注射器を用意し、撮影してみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

今回はニコンD7200に40mmのマクロレンズを使用しての撮影です。

 

 

 

まず、難しいのが、花弁に水滴をつけること。今回購入したお花の名前は分かりませんが、ガーベラのように花びらが開き、上を向いているお花ではありません。花瓶に立てるとお花が正面を見るタイプのお花でしたので、水滴がなかなか乗りませんでした。しばらく悪戦苦闘し、スポイト代わりに使用している注射器の力加減もなんとなく分かってきたところで、うまいこと花弁に水滴が乗りました。

 

 

 

つぎに、うしろに被写体となるお花を配置します。いろいろな角度から水滴をのぞくと、被写体となるお花が映り込む角度がありました。それは、水滴と水平な位置にあるお花。目視で確認できれば、あとはファインダー越しに見つけるだけなので、目視できたら、ほぼ、この撮影はOKです。

 

 

 

 

設定方法

ISO感度自動制御をするにし、ISO感度は100、制御上限感度を6400にして、

①絞り優先オート、オートフォーカス
②F10

 

この2ステップです。

注意しなければならないのは、40mmのマクロレンズは焦点距離が短いので、集中してファインダーをのぞいていると、やっと水滴の乗ったお花にレンズが接触してしまい、せっかく決めた構図で撮影ができなくなってしまうことです。このあたりはちょっと注意が必要ですね。

 

 

 

水滴に花が反射していますね。

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花びらに水滴を乗せるのに一苦労しました。また、水滴で床がびしょびしょになるので、下にタオルなどを敷いておくといいと思います。

 

 

 

自分が描いている構図に雫を乗せて、コツさえつかめば撮影はカンタンです。今回は手持ちで撮影しましたが、もう少し設定を追い込みたいので、三脚に固定してもう少し、絞って撮影できればよかったと思います。そうすれば、もう少し、水滴の中のお花がハッキリ写ってくるのではないかと思われます。次回は三脚に固定し、撮影してみたいと思います。また、お花はガーベラがよさそうなので、もうちょっと暖かくなってからですかね?

 

 

 

みなさんも、よければ挑戦してみてくださいね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

内蔵ストロボで雪の撮影をしてみました

東京では4年ぶりに大雪が降りました。

夜になり、大雪の中、カサを片手に雪景色を撮影しに行ってきました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

今回はニコンD5300に18-55mmの標準ズームレンズを使用しての撮影です。

 

 

 

降っている雪の撮影方法

①絞り優先オート
②F値解放
③ピントを遠くに合わせてストロボ発光

この3ステップだけです。やったことはありませんが、フラッシュがついていれば、おそらくコンデジでも撮影できるかと思います。なお、内蔵のストロボがない場合、ちょっと難しいですが、暗い背景のところを選んで撮影すると、降っている雪は撮影しやすくなります。ただし、下の写真のようにキレイな玉ボケが作れるかちょっとビミョーです。

 

 

 

まずは、止まっている自動車を撮影してみました

↓↓↓

ピントを自動車に合わせているので、自動車の手前にある雪は玉ボケします。

 

 

 

 

 

近所の公園のブランコ。ホワイトバランスを蛍光灯に変更して撮影してみました

↓↓↓

ホワイトバランスを蛍光灯にすると、青みがかった写真になります。

 

 

 

 

撮影してうちに帰宅したところ、カメラがすごく濡れてしまっていました。

スーパーのビニール袋などで工作してカメラを守ればよかったですかね?それか、量販店などで雨をふせぐレインカバーが売られているので、事前に用意しておくのもいいかもしれません。ちなみにニコンには純正のレインカバーがあるようですがストロボを出せるかどうかは不明です。

 

 

長時間、寒い場所で撮影する場合は、予備のバッテリーを持って行くと安心です。特にサードパーティー製のバッテリーは急激に減ったりしますのでご注意を。

 

 

内蔵のストロボでも、このような写真が撮影できます。もっと雰囲気のある撮影がしたい場合、外付けストロボ(クリップオンストロボ)が必要になります。なお、いろいろなメーカーからクリップオンストロボが発売されていますが、これについてはメーカーの純正品を選ぶのがよいようです。

 

 

クリップオンストロボ持ってないという方、私でも内蔵ストロボを使って、降っている雪を撮影することができましたので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

 

ただ、水濡れにはホント要注意ですよ。あと、撮影が終わったあと、寒い外からうちの中にいきなり入ると、レンズやプロテクターが曇ったりします。ということは、カメラも結露でやられてしまう可能性もありますので、徐々に温度をならとか、シリカゲルを用いて水分を十分に取るとかなにか対策を取ったほうがいいですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク